Tagged 管理能力

6hito

専門家よりも幅広い経験が必要なこともあります

6hito看護部長として採用されやすい
基準というのはある程度あります。

年齢でいえばだいたい45歳以上であること。
さらに、今までも管理職としての経験がある人。
というのがまずありますよ。

 

現場でいくら優秀であっても、
その人が看護部長として良い人材かといえば、
違いますよね。

 

一度も部下を持ったことがない、
管理職になったことがない人は、
看護部長になっても何をしたらいいのかが分からない。

ということになってしまいます。

 

自ら率先して仕事をこなしたいという事であれば、
看護部長ではなく、
専門看護師としてその道を進んだ方が良いと言えるんです。

部下を管理し、目標を立て、
その目標に向かっていくためのスケジュールなどを管理して行くことが、
看護部長の役割になりますので、
これができる人材である必要があります。

 

看護部はエンジンのない船をイメージするといいですよね。

それぞれの看護師が何も考えずにオールをこげば、
船は迷走してしまいます。

 

でも、看護部長がいて、その目標を示し、
声をかけて船を漕いで行けば、
船は進み始めやがて目標の到達することが出来ます。

この船の船頭の役割を担うのが看護部長と考えれば、
その役割が分かりやすくなりますよね。

 

一つのポジションだけではなく、
船はその部分ごとに違う働きをしなければ、
目標にたどり着くことが出来ない事があります。

さまざまな部署での勤務経験があり、
その部署の特徴などを把握している人に、
看護部長として活躍してもらいたいという病院もあります。

 

経験というのは、
やはりとても重要なんですよね。