1kyuu

看護部長の年収が気になります

1kyuu看護部長というのは、
病院の看護師すべてを
監督する立場になっていますよね。

病院の中でも大所帯である看護部をまとめるというのは、
とても大変な役職にもなります。

 

また同時に責任も大きくなりますし、
看護師の教育方針を考えることも行います。

医療事故なども発生しないように
防止策を考えるということも行うことになりますよね。

 

これだけ重要で責任がある看護部長職は、
それだけ報酬はいただけるのでは?
と思うと思います。

では、実際のお給料をチェックしてみましょう。

 

人事院で調査をしている看護部長の平均月収は、
大体50万円前後になっているそうです。

年収ベースで考えると、
だいたい700万円~800万円前後ということになります。

 

平均年齢は50代後半という方が多いそうですよ。

 

ただ、看護部長と一言でいっても、
さまざまな病院がありますよね。

この月収や年収は、
やはり病院によっても大きく異なることがあります。

 

経営状況が良い病院の場合には、
年収1000万円という方もいらっしゃったそうですよ。

50代後半の女性が一般企業で働いている場合の
平均年収は約300万円ということを考えると、
かなりの高収入ですよね。