From 条件と環境

2tigai

どんな病院が年収が高くなるの?

2tigai病院というのは、
いろいろな種類がありますよね。

一般的な看護師でも、
病院の規模や経営状態によって、
年収はかなり変わってきます。

 

もちろん、看護部長の場合にも、
同じように病院によって
年収はかなり変わってきます。

民間の総合病院、
大学病院といった場合には、
年収は700万円~800万円くらいになっているそうです。

 

看護部長という責任ある立場と考えると、
やや年収は低めと感じるかもしれませんね。

でも、公立病院になってくると、
概ね900万円くらいの年収になり、
国立病院の勧募部長になれば、900万円台後半、
1000万円近い金額になるんですよ

 

何となく、民間の方が高そうと感じるかもしれませんが、
実は公立の方が高いということが分かります。

公立病院は、勤続年数によって給料が高くなる傾向がありますし、
役職についても手当がつくため、高くなるんですよね。

 

これだけ年収が高い看護部長という役職、
一般の看護師から見れば、
いいなぁと思っちゃいますよね。

何となくデスクワークメインで、
忙しさも感じられないと思ってしまいますが、
見えないところでは大変な苦労をしている役職でもあるんです。

 

責任の重さはありますし、
さまざまな人間関係をうまく築き上げる必要もありますし、
マネジメント能力なども必要です。

常に周りに対して目を向けて、
同時並行でさまざまな仕事をこなすことも必要な役職なんですよね。

1kyuu

看護部長の年収が気になります

1kyuu看護部長というのは、
病院の看護師すべてを
監督する立場になっていますよね。

病院の中でも大所帯である看護部をまとめるというのは、
とても大変な役職にもなります。

 

また同時に責任も大きくなりますし、
看護師の教育方針を考えることも行います。

医療事故なども発生しないように
防止策を考えるということも行うことになりますよね。

 

これだけ重要で責任がある看護部長職は、
それだけ報酬はいただけるのでは?
と思うと思います。

では、実際のお給料をチェックしてみましょう。

 

人事院で調査をしている看護部長の平均月収は、
大体50万円前後になっているそうです。

年収ベースで考えると、
だいたい700万円~800万円前後ということになります。

 

平均年齢は50代後半という方が多いそうですよ。

 

ただ、看護部長と一言でいっても、
さまざまな病院がありますよね。

この月収や年収は、
やはり病院によっても大きく異なることがあります。

 

経営状況が良い病院の場合には、
年収1000万円という方もいらっしゃったそうですよ。

50代後半の女性が一般企業で働いている場合の
平均年収は約300万円ということを考えると、
かなりの高収入ですよね。