From 転職に当たって

8jouken

看護部長の求人なら、転職サイトもおすすめ!

8jouken看護部長になりたい。
しかも自分にとって良い条件の職場を探したい。

という方にお勧めなのが、
看護師専門の転職サイトです。

 

この看護師専門の転職サイト、
実は一般的なスタッフ以外にも、
看護部長といった管理職の転職相談にも乗ってもらうことが出来ます。

自分が看護部長を目指しているということを、
担当についてくれるキャリアコンサルタントなどに相談をすることで、
条件に合っている職場を紹介してもらうことが出来るんです。

 

自分で一つ一つ求人をチェックしたり、
問い合わせをしてみる必要もないので、
現職でとても忙しい看護師でも、
看護部長として転職先を探すことが割と簡単にできるんです。

もちろん、看護部長になりたいと自分自身が思っていても、
誰でもなれるという訳ではないですよね。

 

看護部長は看護師をまとめるリーダーですから、
それ相応の人材でなければなりません。

転職サイト側も、
この人なら看護部長としてやっていくことが出来るという人でなければ、
看護部長になりたいと言われても、
良い求人を紹介してもらうことが出来ません。

 

ある程度は病院側に「欲しい人材」と思われるような人物であることも、
転職を成功させるためには重要になります。

看護部長としてどんな人が良いのか、
最低限必要なすきるというのはどのようなものなのかということを、
自分自身でしっかりと考える事も大切ですよね。

7tisiki

認定看護管理者を目指してみませんか?

7tisiki看護師としてい働いていると、
臨床経験というのは非常に重要
ということが良く分かります。

看護知識や技術というのは、
机上だけで学ぶことが出来るわけではなく、
現場の経験で初めて身に付くものが非常に多くなります。

 

看護部長になるためには、
やはりこの経験は非常に重要ですが、
経験があればOKというほど、簡単ではないんです。

まずは認定看護管理者という資格が必要です。

 

この認定看護管理者というのは、
看護部門全体を管理する知識がある証である資格になります。

この認定看護管理者の資格を取得することで、
看護部長への道は格段に歩きやすいものになってきますよ。

 

現場での経験は看護師にとって非常に重要です。

中にはとくに専門性を持ち、その分野では卓越した能力を有している認定看護師や専門看護師といった資格を取得している人もいますよね。

 

でも、それだけでは看護部長になることはできません。
何故なら、看護部長は現場だけではなく、
病院の経営にも携わることになるポジションです。

つまり、管理者としての目があることも、
非常に重要なんです。

 

管理職として働くための知識を持ち、
能力を持つことが大切です。

この知識がある、能力があることを第三者でもわかるようにするために、
認定看護管理者という資格を取得することが、
おススメになっているんですよ。

 

看護部長を目指すのであれば、
まずはこの資格を目指しましょう。

5saiyou

人の上に立つ看護部長に求められいる人物像とは?

5saiyou看護部長を採用したいと考える病院側では、
いったいどのような人を採用したいと
思っているのでしょうか?

まずはコミュニケーション能力にたけ、
人を束ねることが出来る人材です。

 

看護部という病院内でも非常に大所帯の組織のトップにたつということは、
それだけの部下を率いることが出来る人材でなければなりません。

部下の良いところは褒め、
時には厳しく叱ることが出来る人でなければ、
部下の掌握は難しいですよね。

 

看護師をまとめることが出来なければ、
病院という組織全体の業務に支障が出てくる可能性もあります。

さまざまな人間関係を築くことも必要になるため、
コミュニケーション能力が問われることになりますよ。

 

看護師として卓越したスキルというのは、
実は看護部長になる人に求められることはない
と言われています。

もちろん、管理職として一通りの看護知識や技術は重要です。

 

看護部長になったら、
毎日がデスクワークだから、
技術や知識はいらないというようなことはありません。

常に向上心を持ち、
数少ない現場経験になるとはいえ、
時には現場で部下の指導にあたるということも必要になることがあります。

 

ただ、このようなスキル以上に重要になるのが、
人の上に立ち、まとめる能力なんですよ。

また先々を見据え、
その目標に向かってスケジュールを組み立てるような、
マネジメント能力も必要です。